« File.22 御礼 | トップページ | File.24 アードマン、ジブリを制す »

2006年2月 8日 (水)

File.23 映画館の給与

就職活動学生の間で人気のある映画業界。洋画におされて元気のなかった日本映画界ですが、近年は邦画のヒット作にも恵まれて順調に成績を伸ばしてきています。2006年の就職人気企業ランキングでは東宝とギャガ・コミュニケーションズが人気という結果が出ており、邦画復調の波に乗って新卒募集状況の改善も期待されるところです。

映画業界全般に言えることなのですが、この世界では給与を期待するよりも働き甲斐や自身の能力適性を重視して就職目標にしている学生が多いようです。映画業界は平均的に初任給が恵まれているわけではありませんが、それでも志望者は後を絶たないという現状を見る限り映画界の根強い人気ぶりを窺わせます。

ここで現在募集されている映画館正社員の初任給を見てみましょう。
映画館社員では高給な部類と思われるのがTOHOシネマズで、社員(支配人候補)450万円以上・契約社員(マネージャー)350万円以上・契約社員(マネージャー見習)300万円以上となっています。対するMOVIXでは正社員300万円・契約社員240万円となっています。
就職については給与待遇だけで是非を決めることではもちろんありませんが、同じ映画配給会社系シネコンでも大きく差があるということが分かります。

映画館に勤務する従業員の大多数はアルバイトです。お客様と現場で接しているスタッフのほとんどがそうで、映写スタッフも同様です。アルバイトの給与も決して高給とは言えません。時給は600円台から950円前後までと幅がありますが、都市部に立地するほど時給も高い傾向があり平均額は750円くらいでしょうか。

映画館アルバイトで多勢を占めるのが学生で志望理由は様々ですが、なかでも多いのが「映画が好きだから」「映画館の仕事に興味があったから」というものですね。「将来映画業界で働きたいから」と将来設計まで考えたものや「映画が見られるから」という計画的な?志望理由も見受けられます。他の業種と比較して決して高いほうではない映画館の時給、それでも志望する人が多いところに映画界の人気を感じてしまいます。

ただ、一人暮らしをしている学生にはキツイ時給のようで、掛け持ちで勤務している方も多いです。時給の良さを追求するなら映画館でのアルバイトはお勧めしませんが、映画が好きな人にとっては文字通り天国となる。それが映画館アルバイトなのかもしれません。

|

« File.22 御礼 | トップページ | File.24 アードマン、ジブリを制す »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画業界のお話」カテゴリの記事

映画館のお仕事」カテゴリの記事

映画館のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30969/649056

この記事へのトラックバック一覧です: File.23 映画館の給与:

« File.22 御礼 | トップページ | File.24 アードマン、ジブリを制す »