« File.33 チームワークの映写業務 | トップページ | File.35 良い子はお家へ »

2006年3月 3日 (金)

File.34 松竹あんぱん

昨年、日本の三大メジャー映画会社のひとつである松竹が創業110周年を迎えました。
大谷竹次郎氏が京都阪井座の興行主になった1895年を創業年と数えて、今年で111年目に入ります。現在の松竹株式会社の原型は、兄の白井松次郎氏と共に帝国活動写真株式会社を設立した1920年になり、今年で設立86年になります。

松竹は演劇興行を専門としていたこともあって、映画の他に歌舞伎興行を精力的に行ってきました。映画に比べれば利益の薄い歌舞伎ですが、松竹があるからこそ現在でも劇場で歌舞伎を鑑賞できるといっても過言ではないほど歌舞伎における業績は輝かしいものがあります。創業以来、松竹はまさに家業として日本の伝統文化である歌舞伎を守り通してきたのです。歌舞伎の他に、伝統的な文楽も松竹が興行面で後押ししています。

同じ映画会社でも不動産業で鳴らす東宝に比べると一般的に地味なイメージの松竹。それでも、実際はチャレンジ精神のある一面ものぞきます。そう、意外と手広くビジネスを展開しているんですね、これが。
メジャーなのは永遠の(因縁の?)ライバル・吉本興業に対抗する、子会社の松竹芸能でしょうか。阪急東宝グループの宝塚歌劇団に対しては、松竹歌劇団もあります。現在はありませんが松竹交響楽団やプロ野球球団松竹ロビンス、東映の太秦映画村に対しては鎌倉シネマワールドなど、なかなかどうして守備範囲は広い。国内大手配給三社のなかでは先陣を切ってシネコンに着手したのも松竹でした。

そんなチャレンジ精神旺盛な松竹があんぱんを発売。


これがレア品の松竹あんぱん

このあんぱん、銀座木村屋總本店とのコラボレーションで昨年暮れの一ヶ月間のみ限定販売されました。化粧箱入りで松竹の焼印が入っているところにこだわりを感じます。
しかし、なぜあんぱんだったのでしょうか?

あんぱんと合わせて、創立110周年記念キャラクター「NORABBITS MINUTES」も発表され、現在は松竹系の映画館でショートストーリーが上映されています。映画上映時間に入ってから本編前に流されるため、せっかくの110周年キャラクターなのに一部では鑑賞の邪魔だと不評の声も聞かれます。110周年記念を意図する表示や演出がまったくなく、上映時間に入ってから唐突に始まって終わる不親切さも原因かと思われます。残念なことです。
キャラクター制作は「ピンキーモンキー」や「バザールでござーる」で知られる伊藤有壱氏。
開業からわずか3年ではかなく散った、鎌倉シネマワールドのような短命にならぬよう祈りたいところです。

思ひ出55話 松竹大船撮影所

|

« File.33 チームワークの映写業務 | トップページ | File.35 良い子はお家へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画業界のお話」カテゴリの記事

映画関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

あんぱん美味しそう~☆
表面が香ばしそうなのがたまりませんねぇ(≧ω≦)
復活しないんですかね??

投稿: いおり | 2006年3月 6日 (月) 15時59分

さすがに復活はないでしょう…。
220周年にはまた発売されるかな?

いおりさん向け地域情報♪
ちなみに銀座木村屋から暖簾分けをしたのが、シガーフライで知られる梶谷食品と同系列の岡山木村屋。
奇遇にも岡山木村屋は松竹設立の1年前に創業。

木村屋つながりだと、吉本興業所属の次長課長が好きなのが岡山木村屋のバナナロール(正式名称はバナナクリームロール)。
はい、私も好きです。バナナロール。別売りのクリームだけ買ったこともあります。

投稿: 管理人:月夜野 | 2006年3月 7日 (火) 00時16分

次長課長もバナナロールも好きです☆
そういえば、長いこと食べてないな~。
別売りクリームは、たまに家にあるんですけど。

投稿: いおり | 2006年3月 7日 (火) 17時24分

私も長い間食べていません。
うーん、恋しい。
通販でも買えるみたいなんだけど、一定個数以上じゃないと注文できなかったような…。
残念です。

投稿: 管理人:月夜野 | 2006年3月 7日 (火) 23時31分

月野夜さん,初めまして♪
「NORABBITS MINUTES」って,松竹のキャラクターなのですね。
私が有楽町の映画館で初めて観たときは,予告編の最後だと思いましたが,映画上映時間に入ってからだったのかな?
ちょうどその頃は「W&G 野菜畑で大ピンチ!」が公開中で,クレイアニメがはやってるんだなぁと単純に楽しみました。
「W&G」も「NORABBITS MINUTES」も,ウサギがかわいいですよね☆
最近,また「NORABBITS MINUTES」を観たのですが,予告編の最初に流れていました。
ストーリーも変わってて,楽しめました。

投稿: たき | 2006年9月21日 (木) 14時54分

たきさん、ご来訪ありがとうございます。

はい、松竹創立110周年キャラクターです。松竹系の映画館では本編の前に2分くらいのショートムービーとして上映されていますね。今年の2/25にスタートして6/24から第二話が上映されています。

多くの映画館では予告上映(もしくはCM)開始が上映開始時刻となっています。映画館によって例外的運用もありますが、「NORABBITS MINUTES」は上映時間内に上映されています。

『W&G』は完全に映画賞の常連となっていますね。当サイト内の「File.24 アードマン、ジブリを制す」にて『W&G』にも触れておりますのでどうぞご覧ください。

投稿: 管理人:月夜野 | 2006年9月21日 (木) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30969/907362

この記事へのトラックバック一覧です: File.34 松竹あんぱん:

« File.33 チームワークの映写業務 | トップページ | File.35 良い子はお家へ »