« File.41 ミリオンシアター | トップページ | File.43 スクリーンブッキング »

2006年4月 7日 (金)

File.42 VIRGIN消滅

東宝が買収した後も唯一“VIRGIN”の名称を残していたVIRGIN TOHO CINEMAS六本木ヒルズが改称されました。今後はTOHOシネマズ六本木ヒルズとなり、これによってVIRGIN CINEMASは姿を消しました
改称前のVIRGIN CINEMAS六本木ヒルズは、森ビル主導の再開発複合施設・六本木ヒルズに2003年4月オープン。VIRGIN系シネコンのフラッグシップを目指して建設され全館THX認定の9スクリーンを有し、国内を代表をするシネコンサイトのひとつとなりました。

外資系シネコンの急先鋒として積極的な営業を展開していたVIRGIN CINEMAS(以下VC)は2003年に東宝により約100億円で買収され、TOHOシネマズとして生まれ変わりました。VC六本木ヒルズの誕生とVC買収は時を同じくしての出来事ですが、この買収劇の裏には他ならぬ六本木ヒルズの存在がありました。2000年4月、東京都港区にシネマメディアージュをオープンさせた後、シネコン進出競争に遅れをとっていた東宝は以前からVCに関心を持っており、買収計画のうえで大きく影響したのがVCの六本木ヒルズ進出だったと言われています。
シネコンといえば郊外進出というそれまでの概念を打ち破る立地や斬新な顧客サービス、東宝にとって弱点だった渋谷近辺の興行網を拡充させるうえでも六本木ヒルズは経営戦略上理想的だったわけです。また、買収のために100億円を投資できる国内映画会社トップの企業体力があったからこそ可能になったといえるでしょう。VC買収で東宝のスクリーン数は大幅に拡充され、より磐石な興行網を構築することに成功しました。

買収後はVCの名称がTOHOシネマズへと変化していくなかで、六本木ヒルズだけはVCの名を残してVIRGIN TOHO CINEMAS六本木ヒルズとして生き残ってきました。事業主の森ビルとの契約など諸事情があったためですが、名称は残されてもスタッフの入れ替えや5階回廊に東宝マークが設置されるなど段階的に東宝カラーが強まっていきました。そしてこのたび晴れてTOHOシネマズとして統一されたのです。

現在、TOHOシネマズは全28サイト・総スクリーン数267を数える一大シネコンチェーンに発展しています。スクリーン数業界No.1のワーナー・マイカルにはまだ追いつきませんが、グループの全劇場を含めると東宝が国内トップの劇場網を保有していることになります。

近日には東京都墨田区にTOHOシネマズ錦糸町(8スクリーン)、秋には大阪市中央区にTOHOシネマズなんば(9スクリーン)がオープンします。特になんばは名門の南街劇場(日本映画興行発祥地)跡地に建設される都心型シネマコンプレックスで、TOHO系では高槻や二条を上回る西日本のフラッグシップ劇場になるものと予想されます。
お向かいの複合施設なんばパークスには東映・松竹連合のシネコン(名称未定11スクリーン)がオープンすることになっており、両者の威信を賭けた激しい集客争いが繰り広げられることになるでしょう。双方とも
なんば駅前の超一等地、丸井を核とするTOHOシネマズと、なんばCITY・高島屋本店・なんばパークスといった国内有数の一大商業施設街に入居する東映・松竹連合シネコンの闘いです。大都市の都心でこれほどの近距離に競合する例は今までになく、注目されるところです。

TOHOシネマズ六本木ヒルズでは開館3周年と館名変更記念ということで4月25日(火)から3日間にわたって全作品を1,000円で鑑賞できるサービスが実施されます。プレミアスクリーンは残念ながら対象外となっています。

VCは消滅しましたが、その果たした功績は大きなものがありました。日本の興行界に革命をもたらしたワーナー・マイカルからその遺伝子を受け継ぎ発展させ、新たな風を送り込んだVC。そしてVCの遺伝子はTOHOシネマズに受け継がれて今後さらに発展していくものと思われます。映画館における次なるステージの誕生を興行各社に期待したいところです。

ポップコーンはいかがですか? ポップコーンはいかがですか?

著者:山本 マーク 豪
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« File.41 ミリオンシアター | トップページ | File.43 スクリーンブッキング »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画業界のお話」カテゴリの記事

映画関連ニュース」カテゴリの記事

映画館のお話」カテゴリの記事

コメント

私の最寄の映画館も数年前、VIRGINからTOHOシネマズになっています。8スクリーンです。さらにその近くには、後から別のシネコンが出来ました。この辺りは、ここ10年くらいで工業地帯から商業地帯へと様変わりしました。
ポップコーンの味も変わったのでしょうか。

投稿: 足柄 | 2006年4月 7日 (金) 17時46分

足柄さんこんにちは。

ポップコーンは変化していないはずですよ。
近所にTOHOシネマズがないので行く機会はないですが…。
別のシネコン(笑)、あそこですね。分かります。VIRGINと比べると見劣りするかもしれないけど…!?

投稿: 管理人:月夜野 | 2006年4月 8日 (土) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30969/1318821

この記事へのトラックバック一覧です: File.42 VIRGIN消滅:

» 六本木ヒルズ 映画館 [lovie]
みなさんは六本木ヒルズへ行ったことがありますか? 私は東京に住みながら、今まで一度もヒルズに行ったことがありません!が、ヒルズができる前の六本木にはよく出かけたこともありますが、ここ最近は出産などもあり、とんとご無沙汰しています。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 09時26分

« File.41 ミリオンシアター | トップページ | File.43 スクリーンブッキング »