« File.90 IMAXメモリアル 4 | トップページ | File.92 IMAXメモリアル 6 »

2007年5月24日 (木)

File.91 IMAXメモリアル 5

IMAXシアターの閉館特集・軽井沢編の更新が遅くなり申し訳ございませんでした。
今回はメルシャン軽井沢IMAXシアター場内の様子をご紹介いたします。品川に劣らぬ堂々とした設計の箱でした。少しでもその様子が伝われば幸いです。


IMAXシアターメモリアル Vol.5
~メルシャン軽井沢IMAXシアター 3~



劇場ロビーは赤絨毯
高級感を漂わす赤絨毯に彩られた劇場ロビー。チケットカウンターは周辺施設のインフォメーション機能を兼ね備えています。カウンター後ろの壁裏が映写室、画像奥手に場内へ通じる扉が見えます。販売商品のスナック類に混じって、コダックのカラーフィルムが販売されているのが印象的でした。


やっぱり巨大スクリーンのIMAX!
場内に入った途端に視界に飛び込んでくる巨大な銀幕。いまはもう過去のものになりつつある70mm映画館を髣髴とさせるものがありますね。場内の広さは品川と同じくらいで、レイアウトも非常に似ています。
観光で来場したと思われる若い男性グループは「うわーでかいでかい!」と感嘆の声を上げていました。

前回記事で「この大きさの建物のなかに高さ16mの巨大なスクリーンを装備するIMAXシアターがあるようには見えません。」と記述しましたが、場内に入るとその理由が分かりました。実このシアターは地下約8mを掘り下げて建築されており客席部は地下部分に立地、劇場の上半分と天井部分が地上の建築部分にあたるのです。写真は客席最上段からの撮影で、この地点も地下です。軽井沢町が景観に配慮して建築高に制限を設けていることに関係しているのでしょうか。



急なスタジアムシートもIMAXらしさ満点
このアングルも品川IMAXシアターとそっくりです。画像を比較していただくとよくお分かりいただけると思います。品川と軽井沢は規模も構造も姉妹シアターと言ってもいいのではないでしょうか。
まだ新しい劇場なのに雨漏りしているのか、右側の非常口周りの床が大変濡れていました。劇場外に付随するポスターケースを設けた部屋にも雨漏りの跡がありました。




最前列中央部から映写室方向を望む
品川は映写窓が3ヶ所あったのに対し、軽井沢は2ヶ所です。左手の扉が入場口で右手が退場口になっています。


客席部の見渡し
軽井沢の座席番号は最後列が「A」から始まるのに対して、品川は最前列が「A」。席番のつけ方が逆になっています。
座席はスクリーンに対して湾曲した配置なので端の席でも見やすいように配慮されています。サラウンドスピーカーを見てみると、最前列付近をカバーするような角度で設置されているように見えます。通常の映画館の設置方法とは大きく異なるので興味深いですね。



場内を横方向から見たようす
劇場設計図で言う立面図に近いアングルで見てみましょう。巨大スクリーンでありながら映写機の設置位置を高くすることで、画面と映写機がほぼ正対しているのが分かります。映写品質に関わる部分をきちんと処理した良い設計です。
また、前方部の壁面が折れ構造になっています。客席側に広くなる構造はよくありますが、逆に狭くなるのはあまり例がないかもしれません。側壁面は吸音構造の違いがあるのか一部に段差が付いて色合いにも変化があります。サラウンドスピーカーの設置角度がスクリーン中央方向を向いているのがこの画像だとよく分かります。




映写窓
IMAXシアターの映写窓をじっくり見たことがある方は少ないと思います。通常映画館でも普段はお客様に見向きもされない地味な映画館設備です(笑)。
おそらく音漏れか振動対策なのでしょう、窓枠に吸音材が付けられています。映写機の動作音は意外に大きいので場内と映写室の間に遮音対策が必須とされ、多目的ホールで上映したりすると作動音が派手に場内に漏れたりします。IMAXシアターでもわずかな音漏れが確認できました。
左側の窓に見える黒い筒は映写ランプの排熱を促す排気口です。またこの給排気音が大きかったりします。




巨大なサラウンドスピーカー
映写窓に引き続いてこちらも地味な映写機材、サラウンドスピーカーです。サラウンドスピーカーとは主に環境音の再生を担当する機材で、前方スクリーン裏に設置されているメインスピーカー以外の再生音を鳴らしています。雑踏のざわめきや雨の音、場内左右に移動する音などはサラウンドスピーカーで実現されています。IMAX作品『DEEP SEA』で表現されている水中の雰囲気や、『ミステリー・オブ・ナイル』の怒涛の濁流音もサラウンドスピーカーが効果的に使用されることで臨場感を高めています。
それにしても大きいですね…。重量はいったいどのくらいあるのでしょうか。重厚感ある外観で格好良いです。




最終日間近なのにガラガラでした
これだけの立派なIMAXシアターが閉館して本当に残念です。遠方のために閉館前のこの1回しか訪れられなかったのが本当に悔やまれます。実際行ってみて感じたのは、大阪天保山や東京新宿・品川のIMAXシアターと比較しても遜色のない素晴らしい映画館だということです。惜しいですね…。
『ブルー・オアシス2 DEEP SEA』の上映期間延長が決まった天保山のサントリーIMAXシアターには是非とも国内最後の牙城として頑張ってほしいと思います。こちらも近いうちに訪れようと思っています。

|

« File.90 IMAXメモリアル 4 | トップページ | File.92 IMAXメモリアル 6 »

徒然日記」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画上映設備」カテゴリの記事

映画業界のお話」カテゴリの記事

映画関連ニュース」カテゴリの記事

映画館のお話」カテゴリの記事

映画館探訪」カテゴリの記事

IMAX」カテゴリの記事

コメント

 やっとこさスクリーンが登場しましたね(笑)

 私は残念ながらIMAXシアター未体験なのですよ。一度観たかったけど、たぶん、その機会はないだろうなぁ、と思います。

 ところで、映画館にカメラ持ち込むのって、勇気が要りません? 私も日記に載せる目的でデジカメでパシャとやるけど、いつも何か言われないかドキドキです...

投稿: むぎわら帽子のジミー | 2007年5月24日 (木) 18時54分

むぎわら帽子のジミーさんこんにちは。

はい…大変お待たせいたしましたm(__)m
IMAXはぜひぜひ体験していただきたいです。まさに「映像体験」に相応しい迫力と高画質ですよ。大阪に出かけられることがあれば足を伸ばしてみてください!

新宿松竹会館連載のときももそうだったんですが、閉館前であれば思いきっていきます。通常の映画館であればちょっと…勇気いりますね^^;デジカメだと本編撮影と誤解される可能性があるのでそれも厄介だと思います。

投稿: 管理人:月夜野 | 2007年5月25日 (金) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30969/6519800

この記事へのトラックバック一覧です: File.91 IMAXメモリアル 5:

« File.90 IMAXメモリアル 4 | トップページ | File.92 IMAXメモリアル 6 »