« File.92 IMAXメモリアル 6 | トップページ | File.94 事故報告書 »

2007年6月23日 (土)

File.93 人海戦術

2007年公開映画の中盤戦は『スパイダーマン3』(興収65億円)と『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』(興収74億円)が大ヒットを記録して、各地の映画館は嬉しい悲鳴を上げました。日本全国の映画館関係者の皆様、おつかれさまでした。次は『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』や『トランスフォーマー』が待機していますよ!

今日は混雑時の映画館の対応をご紹介します。本題に入る前に興行収入についてお話をしましょう。
宣伝で「興行収入○億円突破!」というコピーを見ますが、いったい興行収入とは何なのでしょうか。興行収入の数字が大きいと、人気の高い作品だと想像はつきますが、観客にはあまり馴染みのない数字だと思います。

興行収入とは作品の売上成績を計る数字で、映画館で販売されたチケットの売上合計を表したもの。興行収入65億円の『スパイダーマン3』は全国の上映館で65億円分のチケットが販売されたことになります。
興行収入のチケット売上はそのまま映画館の収入にはならず、一定の歩合で配給会社に分配され配給会社の取り分が配給収入(配収)、残りが映画館の利益となります。この割合はだいたい50%から70%程度の間で決められることが多いですね。これにより映画館のチケット売上の半分以上が配給会社の収入になることが分かります。映画の売上げだけでは薄利なので映画館の収入は売店に頼るところが大きいと言えます
(参照 File.4 飲食業で成り立つ映画館File.45 定価1,800円

それでは本題に入りましょう。

興収が数十億円にもなる作品は、それだけ多数のお客様が映画館に来場されて映画をご覧になっているということです。興収は映画館の動員成績を端的に把握できる人気バロメーターなんですね。

動員成績が良ければ映画館は大忙し!押し寄せるお客様を前に、スタッフは東奔西走して業務をこなしていきます。猫の手も借りたいとはよく言ったもので、時には数千人に及ぶ来場者をわずかなスタッフで対応するには、各セクションの連携プレーと相互連絡が不可欠です。

シネコンでは各スタッフの持ち場が決められていて、各自が自分のセクションを責任を持って担当します(参照 File.72 セクション配置。しかし同じ時間帯に満席の作品が重なるとセクションの処理能力を上回ることもあり、こうなると運営のサイクルが崩れて混乱の元になってしまいます。
混雑に対応するには何よりも余裕ある人員の配置と、入退場がスムーズに行える作品上映スケジュールの作成が大前提で、人員は足りていてもスケジュールの組み方が不合理だと必ずサイクルが乱れます。上映スケジュールの作成は劇場運営のカギを握るポイントのため、様々な条件や環境を熟考のうえで決定されます。


ロビー外まで長蛇の列。ここまでくると熾烈になってきます

混雑時に運営サイクルが乱れると修正するのが難しいため、スムーズな流れを途絶えさせないようなセクション連携が必要です。お客様の流れはボックス→コンセ→劇場→トイレ→退場とパターンが決まっているので常に先を読んでお客様の動向を把握し、先手を打っていかなければ対処が出来なくなってしまいます。

持ち場のセクションが落ち着いたら、違うセクションの補助に向かうことも大切です。最も人手を要するのは上映終了後の場内清掃。これはフロアスタッフの仕事なのですが、複数作品の上映時間/終了時間が重なるとフロアスタッフが出払ってしまうため他のセクションから応援に向かいます。
同様に売店の制服を着たスタッフがチケットを販売していたり、その逆の光景も珍しいことではありません。他セクションの補助に入るスタッフの多くは経験の豊富なベテランです。チケットの販売などは未経験者がすぐに出来るものではないため、経験者が応援に向かう必要があるのです。この応援のことをシネコン用語でヘルプとかバック、ショートハンドなどと言います。

場内清掃は他セクションの応援も交えて人海戦術をもって対応しますが満席状態ともなれば場内の散らかり具合も派手になり、清掃には相応の時間を要します。お客様に楽しく快適に映画をご覧いただくことが映画館スタッフの願いですが、時に想像を超えるような荒れ具合を呈していることもあってそのたびに悲しくなります。ゴミはゴミ箱に。公共の映画館を多くの方に気持ちよく利用していただくためにも最低限のマナーは守っていただきたく思います。清掃時間を要すればそれだけ開場時間も遅れます。
場内清掃が終わる頃には次回のお客様が入口前に集まってきています。入場アナウンスと共に補助スタッフは再び持ち場に戻り、自分の仕事に専念します。

興収成績の良い作品の陰には多くのスタッフの努力があり、映画を楽しみにして来場されるお客様がいます。混雑した映画館はお客様にもスタッフにも大変なひと時となりますが混雑時にこそスムーズにお客様をご案内できるように日々準備をしておきたいものです。
夏休みも『ハリー・ポッター』など話題作があり大混雑が予想されます。「夏休みは混んでいるからイヤ!」なんて言わずに皆様、映画館でお会いしましょう!

|

« File.92 IMAXメモリアル 6 | トップページ | File.94 事故報告書 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画館のお仕事」カテゴリの記事

映画館のお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30969/6871086

この記事へのトラックバック一覧です: File.93 人海戦術:

» 興行収入 映画 [話題の映画情報配信・カリビアンな夜の過ごし方]
全米映画興行収入、史上最高の見通しに陰りgoo 映画Boxofficemojo.comのブランドン・グレイ社長は、8月までに興行収入40億ドルを達成するには現段階で20億ドル近くないといけないと話すが、実際は18億2000万ドル程度だという。 今後公開予定の話題の新作「Transf..... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 10時05分

« File.92 IMAXメモリアル 6 | トップページ | File.94 事故報告書 »