« File.112 くつろぎの映画館 | トップページ | File.113 試写流出 »

2009年10月10日 (土)

道案内(TOHOシネマズ六本木ヒルズ)

2009年10月17日(土)~25日(日)まで東京国際映画祭(以下 TIFF)がTOHOシネマズ六本木ヒルズとシネマート六本木を会場に開催されます(参照:File.71 映画祭とフィルムの山)。今年のTIFFは昨年までの東急Bunkamuraは使用されません。東京国際ファンタスティック映画祭が渋谷から姿を消して4年が経過、短命に終わった東京国際シネシティフェスティバルが開催された新宿歌舞伎町からも映画館の閉館が相次ぐなど年月の経過を感じさせる昨今です。

今回はメイン会場となるTOHOシネマズ六本木ヒルズへの簡単な道案内をご紹介します。初めて訪れる方だと意外に分かりにくい立地です。行きなれていても実は遠回りしているかも!?というわけで六本木交差点から徒歩で向かうことを想定した行き方をご紹介します。


より大きな地図で 無題 を表示


東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線の六本木駅がある六本木交差点から劇場まではおよそ520m。六本木ヒルズの待ち合わせスポットで有名な蜘蛛のオブジェを経由するとさらに距離があります。駅から地上を通っていく際はハリウッド・ビューティー・プラザを抜けると近道です。


では六本木交差点から劇場まで出かけてみましょう!

Dscn2947_2六本木交差点からスタートします。六本木通り(都道412号線)を画面右方向(西)へ進みます。


Dscn2949_2地下鉄の出入り口が見えます。地下鉄利用の場合は出口3でここに出ます。


Dscn2950_2 麻布警察署の手前に小さな路地があります。左折します。


Dscn2951_2物々しい雰囲気ですが大丈夫です。この路地を進みましょう。


Dscn2952_2路地を抜けると森タワーがそびえています。このT字路を右折します。


Dscn2953_2ハリウッド・ビューティー・プラザに着きました。ここから建物内に入ります。


Dscn2955_2特に案内されていませんがここは駅方面からの入口となる建物です。左奥の通路へ進みます。


Dscn2956_2通路の先にドアがあります。ドアから外に出ましょう。


Dscn2957_2いったん外に出ると左手にはテレビ朝日が見えます。横断歩道を渡って右手奥のヒルサイド入口ドアを入ります。この通路を通るのは六本木ヒルズの関係者が多いようです。


Dscn2958_2横断歩道を渡るとヒルサイドの入口です。中に入ると飲食店街です。


Dscn2959_3ジョン・ジャーディの意匠がよく表れた通路が展開します。キャナルシティ博多(福岡市)や、なんばパークス(大阪市)を彷彿とさせます。付近はちょっとした展望スポットも隠れています。


Dscn2960_2左手にエレベーターと階段が見える広場に出てます。そのまま直進します。


Dscn2961_2視界が開け左手は広場の六本木ヒルズアリーナ、右手にエスカレーターが現れます。服飾雑貨店『ESTNATION』の右脇にあるエレベーターに乗ります。案内板にはエスカレーターへの矢印がありますがこれは遠回り。エレベーターは劇場直結です。


Dscn2962_2エレベーターKで3Fへ向かいます。


Dscn2966_2TOHOシネマズ六本木ヒルズに到着!
映画を存分にお楽しみください。


陸の孤島と揶揄されていた六本木も、都営地下鉄大江戸線の開通でアクセスが格段に良くなりました。とはいえ映画館は駅から遠い位置にあるので時間に余裕を持って訪れるのが良いでしょう。

拙サイトの映写的な注目はやはり全スクリーンがTHX認定を受けているTOHOシネマズ六本木ヒルズで映画を鑑賞できることですね。シネマート六本木も劇場の大きさは控えめながら充分の上映品質を提供されている映画館です。

TIFFと連動して様々な催しも開催されます。映写的な注目はTIFFと連動して開催される『東京・中国映画週間』。今年は渋谷シアターTSUTAYAをメイン会場に新宿ピカデリーと2ヶ所で上映されます。渋谷シアターTSUTAYAは映写・音響マニアの間で評価の高い映画館でこちらもTHX認定のシアター1で開催されます。全般的にプリントの品質クオリティが低い中国映画を、35mmフィルム上映で最上級の映写環境を誇るこの劇場がどのように映写するのか興味深いです。

|

« File.112 くつろぎの映画館 | トップページ | File.113 試写流出 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画業界のお話」カテゴリの記事

映画館のお話」カテゴリの記事

映画館探訪」カテゴリの記事

コメント

六本木ヒルズ、確かに何度来ても「あれっ?どっちだっけ?」となるんですよね。
そしていつもアウェイな気分を味わいます。
飲食店が高いとこばかりなので…。

それでもTIFFのお祭りムードは大好きですheart04
私は特に「牛は語らない」が楽しみですhappy01

投稿: せたうぃる | 2009年10月13日 (火) 20時54分

せたうぃるさん、ご来訪ありがとうございます。

人気スポットである半面で施設配置が分かりにくい感はありますね。六本木ヒルズ内にコンビニがあり六本木通りに出れば各種飲食店もあります。

TIFFの開催も間近に迫りました。盛り上がると良いですね!

投稿: 管理人:月夜野 | 2009年10月15日 (木) 01時20分

なるほど、六本木交差点からは確かに遠いですよね・・・。
大江戸線で行くと大変です。
とっても分りやすい道案内です。
特にヒルズは中に入っても複雑ですよね。

でも日比谷線で広尾寄りの階段から上がれば、改札からヒルズは直結ですから便利ですよ!
迷わずに蜘蛛のところまで行けます。
この直結通路を通れば、エスカレータの横にインフォメーションがあり、中にTOHOシネマの発券機Vitが1台ありますので、混みそうな日はここで発券していけばすいていて楽ですよ。

投稿: Angelita | 2009年10月16日 (金) 23時44分

さすがはAngelitaさん。エスカレーター脇のVitをご存知とは。窓口やロビーが混雑していてもここならスムーズに処理ができますね。

日比谷線で来た場合はメトロハットまで行きやすいのですが大江戸線では一度地上に出ねばならず初めてだとわかりにくいですね。

さてTIFFが始まりました。盛り上がることをお祈りしています!映写技師さんは気が抜けず大変かと(笑)。

投稿: 管理人:月夜野 | 2009年10月17日 (土) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30969/31724227

この記事へのトラックバック一覧です: 道案内(TOHOシネマズ六本木ヒルズ):

« File.112 くつろぎの映画館 | トップページ | File.113 試写流出 »