カテゴリー「鑑賞一口メモ」の記事

2012年3月 5日 (月)

File.120 STAR WARS 3D公開へ

壮大なスペース・オペラが3Dで劇場に帰ってきます!
映画『スター・ウォーズ』全6部作が今年から2018年にかけて毎年3Dで劇場公開です。
最初を飾るのは3月16日(金)公開の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D』です。

 

スター・ウォーズの「エピソード○~」ってナニ?

 

ここで『スター・ウォーズ』(以下SW)の基本をおさらいしておきましょう。
SWが最初に公開されたのは1977年の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』。その後にエピソード5とエピソード6が制作されました。
第一作はSWという長いお話しのなかのちょうど真ん中から作られたんですね。ジョージ・ルーカス監督はSWのVFX(特殊視覚効果)を担当するILM(Industrial Light & Magic)を立ち上げ、当時としては画期的な映像技術を作り上げました。しかしジョージはその技術レベルに満足できず、続編の制作は長らくストップしてしまいます。

エピソード6の公開から10年後の1993年、映像革命をもたらす映画が誕生します。ジョージの盟友、スティーブン・スピルバーグ監督の『ジュラシック・パーク』です。恐竜がコンピュータグラフィックスと人形の組合せで見事に表現されているのを見たジョージはSW続編制作への決意を固めていったと言われています。1999年、ジョージは22年ぶりにメガホンを取り『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』を完成、大ヒットへと導きました。

つまり物語は全6話構成でありながら、公開順は4話→5話→6話→1話→2話→3話なのです。今回3Dでお目見えするのはタイトルの通り第一話。ファンの間では「公開順で見るかエピソード順で見るか」がよく話題になります。未見の方は4話から公開順に予習しておくか1話からスタートするかの楽しみもありますね。ぜひ多くの方にご覧いただきたいと思います。
エピソード1はSWに慣れているつもりの自分も初見では新しい設定に戸惑ったり理解しづらい部分もありました。第一作のエピソード4は非常にシンプルなストーリー構成なので、エピソード4,5,6をビデオで復習してから劇場に足を運ばれるのを個人的にはおすすめします。

 

ジャパンプレミア

 

Ep13dv6

2012年3月4日に都内の劇場で特別試写会が行われ多くのファンでにぎわいました。ゲストにジョージの愛娘アマンダ・ルーカスが登場、彼女はDEEP女子無差別級王者でもあり場内は割れんばかりの拍手に包まれました。彼女の護衛にシスの暗黒卿ダース・ベイダーや銀河帝国軍兵士のストーム・トルーパー軍団が場内を占拠。ボビー・オロゴンさんとデーブ・スペクターさんも応援に駆けつけました。ボビーはメイス・ウィンドゥ、デーブは帝国軍将校のコスチュームを身にまとい場を盛り上げる…はずがお約束通りデーブのネタがスベるスベる。背後で怒りに震えるベイダー卿が恐ろしい! また特別にジョージから日本人ファンへのビデオレターも上映され、映画を楽しんでくださいと嬉しいメッセージを送ってくれました。
同時に日本マイクロソフトが4月5日から発売するXbox 360 Kinect用ゲーム『Kinect スター・ウォーズ』のプレイ実演をアマンダが披露。コントローラーを使わずにバトルが楽しめるとあって来場者の目をひいていました。

 

試写スタート

 

キャストスタッフや報道陣が撤収した後に場内は暗転、漆黒のなか銀幕に20世紀FOXロゴが3Dで登場、つづくLUCAS FILM Ltd.ロゴも初お披露目の3D。『STAR WARS』のタイトルが映し出されるやいなや、場内のボルテージは最高潮に! 観客は初めて見るSW3Dの世界を存分に楽しみ会場を後にしました。
SWはお祭りムービーでもあるので、人気キャラクターが登場すると拍手や掛け声が出るのがお約束ですが、今回のお客様はそういったことは一切なく終始落ち着いた雰囲気の上映となりました。それだけ映画に集中していたという証ですね!

映画は2012年3月16日(金)より3D字幕版と2D日本語吹き替え版が全国拡大ロードショーです。新しく生まれ変わったSWをどうぞ劇場でご体感くださいね。

※ここよりネタバレが入ります。ご注意ください。※

続きを読む "File.120 STAR WARS 3D公開へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

File.92 IMAXメモリアル 6

5回に分けてお送りしてきたIMAXシアターの閉館特集は今回で終了です。更新が長引いて長期連載となり申し訳ございませんでした。本日は閉館間際に訪れたIMAXシアターの所感を記して締めくくりたいと思います。


☆最高水準のクオリティ健在

久しぶりに訪れた品川と、最初で最後の訪問となった軽井沢は共に素晴らしい鑑賞環境を持つIMAXシアターでした。映像や音響はIMAXならではの高品質で、接客も好感がもてました。品川は劇場のフロント部分から入場する構造のおかげで、巨大なスクリーンが最初に視界に飛び込んでくるインパクトが効果的な演出として機能していたと思います。

☆サウンド

品川は音響が程よくまとまっていて、どちらかといえば派手な音響が特徴的だった新宿と比べると地味な印象を受けるものの、大スクリーンに負けないパワーのある音と大型映像館とは思えぬほどの肉声感あるダイアローグ再生は特筆できます。サラウンドスピーカーが2基でありながら、左右方向の空間表現も上手に再生しており性能の高さを窺わせました。

軽井沢はやや全体的に響きが大雑把でダイアローグ再生も品川には及びませんが、新宿を髣髴とさせる押しの強い低音域やパワフルなフロントの重量感は品川以上の感がありました。ステージ側のレフト付近に多少のビリツキがあったのはこのパワーが原因だったのかもしれません。またメインのみならずサラウンド側も量感に溢れていて、エキサイティングな映像音響体験ができる個性を感じました。IMAXシアターとして楽しめる音であったと思います。

☆映像

両館とも70mm/15パーフォレーション/IMAXフォーマットのポテンシャルを体感できる品質が提供され、HD撮影フォーマットや2K DLPや4K SXRD等の最新デジタル映写方式をはるかに上回る映像品質があり、フィルムの底力を感じることができました。
軽井沢で鑑賞した『ミステリーオブナイル』はナイル川の水面にある無数の波模様と水飛沫やオアシスに生える木々の葉っぱが破綻なく描き出されており、フィルムならではの立体感も相まって自分もその場にいるかのような臨場感満点の映像が展開。さらにナイル川流域の黄昏空の映像は、紅に染まった夕空を巨大なフィルムで受け止めた成果が現れており息をのむ美しさでした。この圧巻と言える描写力はラージフィルムフォーマットの独壇場ですね。

スクリーン上部の左右等に多少の周辺減光があるのは残念でしたが、大画面であることを考慮すれば実用上は問題のない光量であったと思います。シャープな像をスクリーンに結んでいたのでフォーカス精度の素晴らしさを最前列でも堪能できる映写です。

☆消えゆく大型映像上映館

もしも品川が閉館していなければ今頃『スパイダーマン3』や『300』をIMAXフォーマットで鑑賞できていたかもしれない…と思うと寂しいですね。いまさらではありますが、もっとPRをして広く認知してもらいたかったと悔やまれます。

思えば日本万国博覧会(大阪万博)でIMAXが日本にデビューしてから37年の歳月が流れました。この長い期間をもってしても、大型映像上映館が日本に浸透していないことは残念に思います。
2001年に東京IMAXシアターが閉館した際に抱いた懸念、それは新宿で成功できなければ、品川ではさらに厳しいのではないかということ…。

そして2007年。最新の設備を有していた軽井沢、品川をはじめその前にも穂高(長野県にはIMAXシアターが2サイトあった)や敦賀、会津若松などの数少ない大型映像館が姿を消していきました。衰退の一途をたどる日本とは対照的に、中国や韓国では大型映像館のオープンラッシュが続いています。
一部のファンや教育目的だけでなく、普通に映画を見に行く感覚でIMAXが楽しめるような環境を作るには積極的な宣伝をしていくしかないと思います。作品はワーナー・ブラザースを中心とするハリウッド娯楽大作のIMAX版がコンスタントに制作されていますから、宣伝と作品次第では集客力も上がったのではないでしょうか。なによりIMAXの精細で迫力ある映像で楽しめるのですから。それともIMAXはやはりマニアックな世界なのでしょうか…。

☆閉館後の跡地利用について

ファンには気になる閉館後の消息についてです。
軽井沢は完全に廃、半地下に立地していたIMAXシアターの部分には床が建設されて劇場の場所は埋められます。工事終了後の施設用途の詳細は現在検討中ですが、映画館としての存在ではなくなります。さようなら、メルシャン軽井沢IMAXシアター…。

品川は少し状況が異なります。なんと品川プリンスホテルで営業するシネコン品川プリンスシネマ(全10スクリーン、1,640席)の11番目のスクリーンとしてリニューアルオープンします。2001年に東京IMAXシアターが閉館して新たにテアトルタイムズスクエアになって再出発をしたのと同じですね。すでにIMAX映写機は撤去されているのでIMAX上映を行うことは叶いませんが、品川が今後も映画館として存続するのは嬉しいニュースだと思います。(追記:2007年12月21日にシアターZEROとしてリニューアルオープンいたしました)

今回の訪問でIMAXの凄さを改めて実感することができたと同時に、貴重なシアターが2館同時に閉鎖されてしまったことは残念です。大阪市周辺にご在住の方はぜひ一度、南港のIMAXシアターに足を運んでみてください。他にはない映像体験ができますよ。品川が35mm上映館で復活したら喜び勇んで出かけてみようと思います。


横川&軽井沢と言えばやっぱりコレ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)